お知らせ

食育は誰が行うもの?

お話する機会が無かったのですけれど、
今年の6月に70名様に向けて、90分間にわたる講演の機会を頂きました。

高校時代の同級生から話を貰いまして気軽に受けたのですが、受けた後に
「聴講者、100名くらいいるかも」とか
「90分間くらい話せるよね」とか
「あ、豆腐じゃなくて食育で」とか追加情報がちらほらと…
いやもう、準備が大変でした。
今となっては〇〇君、ありがとう!勉強になったよと感謝です。

何となく講演の件は遠い昔の話に感じていました。
つい先日に講演要旨が届いたり、
地元のある中学校のPTAからお問い合わせの連絡を頂いたりしまして、
まだ半年も経過していないんだなぁと思って本日の話題にしました。

講演に招いて頂きました事務局の方々、
私の稚拙なお話を聞いてくださった皆様、
どうもありがとうございました。
大変遅れましたがこの場にて改めて御礼申し上げます。

食育の話と言っても、豆腐の作り方ではありません。
私、数年前にイタリア、スペインなどでの食育の好事例を勉強する貴重な機会がありました。
その話と十勝の食育の現状との対比を中心にお話させて頂いたつもりです。

あと、食品業界のあまり知られていない(?)話を少々。

下の画像は、講演のために200ページ用意したスライドの最後のページです。
どのような話の結果、ここにたどり着いたのでしょうね~。

食育の話となると、たま~にですが、「学校がやるべき」「食育は家庭で」など、
誰がやるの?という押し付け合いの話になってしまうのを耳にします。

もちろん、そうじゃないですよねー。

学校、企業、行政、家庭それぞれに役割があるはずです。
そもそも、それぞれに得意・不得意があるんですからって提言を
僭越ながらさせて頂きました。

アンケート結果は貰っておりませんが、そこそこ良かったみたいです。
ホッとしております。

2017/10/15

気が付けば1000人を超えて

10月も半ばですね。
急に十勝の朝が寒くなってきました。

今朝は自動車のリアウィンドーに霜?氷?が貼っており、
電熱線ヒーターをONにして溶かすような状況でした。

さて、先日(10/8)の地元のお祭り
『食べる・たいせつフェスティバル』にて、
弊社ブースで豆腐作り体験にお越し頂きました皆様、
どうもありがとうございました。

出来立ての豆腐、美味しかったですよね~

十勝産大豆出来立て

この組み合わせに勝るものはありませんな。

昨年までは入口に行列ができて、お隣のブースにご迷惑をかけていました。
何とかしなければと思い、今回は試しに時間割&定員制にして実施しました。
受付して頂き、服にとうふくんシールを貼ってもらっての参加です。

一部の方々からは「時間が合わなくて体験に参加できない~」というお話も頂き、
大変申し訳ありませんでした。

地元の学校や幼稚園でしたら、訪問しての体験実施もご相談できます。
ご要望がありましたらお気軽にお問合せください。
担当は社長の貴戸(きど)と申します。

今回のイベント後に消耗品の一つが無くなってきたので、
そろそろ注文しなければなーと思ったのですが…
その消耗品、1箱1200個入りなんです。

あと100個くらい残っているとはいえ、1000個以上使った。
つまりは、いつの間にか1000人以上の皆様に体験してもらっていたんですねぇ。

前回の発注から3年経っていないので、結構なペースです。
今年の6月には食育に関する90分間の講演の機会を頂いたのですが、神様からのご褒美だったのかな?
講演の内容については、またの機会に。

2017/10/14

認定式を終えて

去る9月25日(月)に農商工連携事業の認定式がありました。
十勝毎日新聞様や北海道新聞様にも記事を掲載頂きまして恐縮の限りです。

こちらから資料を参照できます → 『中小機構プレスリリース』

認定式の翌日から道外に出張しておりまして
帰着してみたらホームページの閲覧数がどーんと伸びていました。
新聞に掲載されるってすごいんですね。

今回の認定事業では、清水町の村瀬農場さんと連携し、帯広市のK’sファームさんにも助けて頂きながら、2つの農場で収穫された大豆を使って、豆腐を中心とした様々な大豆製品の開発を行います。

認定を受けると何が良いかと言いますと
いろいろな方から事業の進め方についてアドバイスや情報を頂けるようになるんですね。

ほとんど豆腐作り一つでやってきた弊社にとっては
豆腐以外のお話は未知の世界なので非常にありがたい機会を頂きました。

十勝の農家さんは皆さん、元気で真面目で尊敬しちゃう方ばかりです。
でも、その素晴らしさを自ら皆様に伝えていくには、春・夏・秋の農家さんはあまりに忙しい。

原料原産地に近い食料品製造業者として、何ができるのだろう?
というモヤモヤ感を常に頂きつつ、豆腐の味だけはしっかりと作ってきました。

今回は十勝の農家さん達の素晴らしいところを
もっと皆様にお伝えできるような会社に成長できるチャンスと考えて頑張りたいと思います。

今日の話、終始マジメだなぁ。

2017/10/03

あまりに暑くて…

最近の十勝は暑い日が続いております。
道内で一番の最高気温となる日も多く、本日は36℃!
明日も同じくらいの予報が出ています。

昨年があまりに天候が悪く、農家さんたちの顔が暗かったので
この時期に暑いのは地域として良いことなのですが
何事も限度ってものがありますよね。

実は6月1日に豆乳の販売をこっそりと開始しました。
飲料製造の営業許可を取得してのことなので、しっかりとした新製品なのです。
弊社のやることですから、大豆はもちろん十勝産です。

『お豆腐屋さんの濃い豆乳』と名付けただけあって、かなり濃い!
世の中に数ある無調製豆乳の中でもかなり濃いめと自負しております。
ありがたいことに、道内のスーパーマーケットさん数店舗に置いて頂いております。
豆腐売り場に置かれることが多いので覗いてみてください。

皆様に積極的にアピールしたいところですが、
こう暑い日が続きますと、もう少しサラリとしたものを飲みたいような。

そんな時にもお勧めの方法があります!

本品を2~3本購入します。卓上カセットコンロや深型のホットプレートみたいなものに豆乳を入れ、弱火でコトコトやってみてください。

面白いくらい湯葉が取れます。

暑い日の夜に、ビールを片手に出来立ての湯葉をわさび醤油で…
というのも、なかなか良いものでございます。
あまりに暑いと食欲が低下する方もいらっしゃると思いますが、
大豆タンパク質豊富なおつまみとしていかがでしょうか?

コンロ…暑いかな?
いやいや、一度ぜひ試してみてください!!

2017/07/14

珍しいプレゼント

先ほど、昨年から協力をお願いしている農家さんが来社しました。
土づくりについて語りだしたら止まらない農家さんです。

土質が素晴らしいから見てくれよ!とのこと。
わざわざ遠くから持ってきてくれたのです。感激!

真剣に拝見させて頂きました。
いやもう、臭いをかいだり、手触りを確かめたり…

正直、自分に経験が無くて良否の評価ができません。
持ってきてくださるくらいですから、相当な土質なのでしょうね。

大豆だけではなく、いよいよ土まで見られるように
修業しなくてはならないようです。

目指せ、畑の土から語れる豆腐屋!

2017/05/26

« 前の記事

次の記事 »