お知らせ

募集

本日は募集のお知らせです。
社員、パートタイマーさんを…と言いたいところをさておき、別件のご相談。

年が明けてすぐの来月1月中旬に、豆腐に関するアンケート調査をしたいんです。
10分間くらいで記入が終わる程度の量です。
ご協力頂ける方々を探しております。

お名前を書かない無記名式で、協力頂きました方々には少しばかりですがお豆腐のプレゼントをお礼として予定しています。

もし1月に集会を予定していて、アンケートに協力できるよという方がいらっしゃいましたら、下記の要綱をご参考頂き、弊社社長までご連絡頂ければ幸いです。

【要綱】
(1)十勝管内にお住まいの方でアンケートにご協力頂ける方
   帯広・音更・幕別・芽室・中札内村あたりが弊社的には交通の便が良くて助かります。
   もちろん十勝管内の他地域でもOKです。
(2)5名以上の集まりに訪問させて頂ける皆様
   その場での用紙回収が必要です。用紙を預けて後日回収はできません。
(3)挨拶や説明と回答記入で20分間くらい頂ける方
(4)電話相談の結果、弊社社長と日程の合う方
(5)集計は外部機関が行います。遠慮無用の回答を頂ければ幸いです。
(6)その他は、下記にご連絡頂きました際にご相談させて頂ければと思います。

【連絡先】
 有限会社中田食品
 代表取締役社長・貴戸武利(きど たけとし)
 電話番号 0155-37-3501
 お電話の際には、社長を呼び出してください(怖くないので大丈夫です)
 社長以外には話が通じません。

よろしくお願いいたします。

2017/12/25

まもなく復活

先日に包装機故障による欠品をお伝えしました600gサイズのお豆腐、
週明けには復活できそうです。

このたびは皆様に本当にご迷惑をおかけしまして
申し訳ありませんでした。

売り場に『品切れ』の札を貼り復活を待って頂いた店舗の皆様、
『あの商品、やめちゃったの?』とお問合せ頂いたお客様、
心温かい対応を頂きまして本当にありがとうございました。

講演や弊社への見学対応でのお話の際に、『豆腐は食べ切れる範囲で、できるだけ大きい方が良い』とお話させて頂いております(理由は後日に…)。

それを形で示しましたのが、この600gサイズの豆腐でございます。

弊社の社員も一丸となりまして復活に向けて頑張りました。
(みんな、ありがとう!)

本日より大急ぎで小売店の皆様にご案内し、豆腐売り場に置いて頂けますよう改めてお願い申し上げる予定です。お店で見かけましたら、手に取って頂ければ嬉しい限りです。どうぞよろしくお願いいたします。

2017/11/08

トラブル発生(おわび)

おはようございます。
有限会社中田食品・代表取締役の貴戸武利です。
本日、皆様にお詫びしなければならないことがあります。

皆様からご愛顧頂いております弊社の商品に
600gサイズのお豆腐がございます。

大変申し訳ありませんが、
しばらくの間、欠品状態となります。

包装機の調子が悪くなりまして、
地元の装置業者様、電気業者様と
解決にあたってみましたが、部品を交換しないと
どうにもならないことが発覚いたしました。
調子の悪い部品は判明しましたが、故障した原因までは分かりませんでした。

この製品、弊社は強いこだわりを持って
ご提供させて頂いているお豆腐でございます。
そのこだわりを実現するために、
600gという一般的ではないサイズを製品規格としておりました。

包装機も特注しておりまして、
今回の故障では、まさに特注品にあたる部分が故障しました。
部品の在庫はメーカーにも存在しなく、
改めて部品を作ってもらうために、
3週間くらいかかるかもしれないとのことです。

突然ですが弊社では、朝礼で繰り返して伝えているお話があります。

豆腐をお買い求め頂く理由は、
『その日の晩御飯の食材』がおそらく最多だと思っております。
そして、日々の晩御飯のメニューを考えることは、簡単なことではありません。
悩みますよね。

今日の晩御飯を豆腐を使った料理にしようと決めたのに、
『いつもの豆腐を買いに行ったのに店頭に置いていない』
『買って帰ったら、豆腐が何だかおかしい』
このようなことがあっては、その日の料理プランが総崩れしてしまいます。

豆腐を選んでくれたお客様にそのようなご迷惑がかからないように
・北海道HACCPを導入して衛生管理に努めたり
・道産原料の認証をとって管理したり
・装置類のメンテナンスを定期的に行ったりしたりなど
努力を重ねてきたつもりでございます。
しかしながら、このたびの装置故障までは予想がつきませんでした。

このたびは、皆様にご迷惑をおかけまして大変申し訳ありません。
取り急ぎ、この場にてお詫び申し上げます。
現在、取引先様・関係者各位の皆様にはお電話でお詫びをしている最中でございます。

できるだけ早くトラブルを解決しましての供給再開を目指します。
ご容赦とご理解を頂きますとともに、600gサイズ豆腐が手に入らない間は、
同じ原料・同じ製法の別サイズ製品であります、『十勝逸品もめん豆腐』をご利用いただければ幸いです。

包装機が無事に直りまして製造再開しましたら、改めてこの場でご連絡申し上げます。
今後とも末永いお付き合いの程、宜しくお願いいたします。

2017/10/21

食育は誰が行うもの?

お話する機会が無かったのですけれど、
今年の6月に70名様に向けて、90分間にわたる講演の機会を頂きました。

高校時代の同級生から話を貰いまして気軽に受けたのですが、受けた後に
「聴講者、100名くらいいるかも」とか
「90分間くらい話せるよね」とか
「あ、豆腐じゃなくて食育で」とか追加情報がちらほらと…
いやもう、準備が大変でした。
今となっては〇〇君、ありがとう!勉強になったよと感謝です。

何となく講演の件は遠い昔の話に感じていました。
つい先日に講演要旨が届いたり、
地元のある中学校のPTAからお問い合わせの連絡を頂いたりしまして、
まだ半年も経過していないんだなぁと思って本日の話題にしました。

講演に招いて頂きました事務局の方々、
私の稚拙なお話を聞いてくださった皆様、
どうもありがとうございました。
大変遅れましたがこの場にて改めて御礼申し上げます。

食育の話と言っても、豆腐の作り方ではありません。
私、数年前にイタリア、スペインなどでの食育の好事例を勉強する貴重な機会がありました。
その話と十勝の食育の現状との対比を中心にお話させて頂いたつもりです。

あと、食品業界のあまり知られていない(?)話を少々。

下の画像は、講演のために200ページ用意したスライドの最後のページです。
どのような話の結果、ここにたどり着いたのでしょうね~。

食育の話となると、たま~にですが、「学校がやるべき」「食育は家庭で」など、
誰がやるの?という押し付け合いの話になってしまうのを耳にします。

もちろん、そうじゃないですよねー。

学校、企業、行政、家庭それぞれに役割があるはずです。
そもそも、それぞれに得意・不得意があるんですからって提言を
僭越ながらさせて頂きました。

アンケート結果は貰っておりませんが、そこそこ良かったみたいです。
ホッとしております。

2017/10/15

気が付けば1000人を超えて

10月も半ばですね。
急に十勝の朝が寒くなってきました。

今朝は自動車のリアウィンドーに霜?氷?が貼っており、
電熱線ヒーターをONにして溶かすような状況でした。

さて、先日(10/8)の地元のお祭り
『食べる・たいせつフェスティバル』にて、
弊社ブースで豆腐作り体験にお越し頂きました皆様、
どうもありがとうございました。

出来立ての豆腐、美味しかったですよね~

十勝産大豆出来立て

この組み合わせに勝るものはありませんな。

昨年までは入口に行列ができて、お隣のブースにご迷惑をかけていました。
何とかしなければと思い、今回は試しに時間割&定員制にして実施しました。
受付して頂き、服にとうふくんシールを貼ってもらっての参加です。

一部の方々からは「時間が合わなくて体験に参加できない~」というお話も頂き、
大変申し訳ありませんでした。

地元の学校や幼稚園でしたら、訪問しての体験実施もご相談できます。
ご要望がありましたらお気軽にお問合せください。
担当は社長の貴戸(きど)と申します。

今回のイベント後に消耗品の一つが無くなってきたので、
そろそろ注文しなければなーと思ったのですが…
その消耗品、1箱1200個入りなんです。

あと100個くらい残っているとはいえ、1000個以上使った。
つまりは、いつの間にか1000人以上の皆様に体験してもらっていたんですねぇ。

前回の発注から3年経っていないので、結構なペースです。
今年の6月には食育に関する90分間の講演の機会を頂いたのですが、神様からのご褒美だったのかな?
講演の内容については、またの機会に。

2017/10/14

次の記事 »